MENU

にきび跡の治療

 

顔にぶつっとできた大きなにきび、顔中に広がるぶつぶつにきび、触ると痛い赤にきび。ストレスや睡眠不足、偏った食生活などさまざまなことがきっかけでいつの間にか顔にあらわれるにきび。にきびができてしまって悩んだことがある人は多いでしょう。しかし、にきびができて悩んでもお手入れをしてきちんと治れば問題はないですよね。問題はできてしまったにきびのお手入れに失敗してにきび跡ができてしまった時ではないでしょうか。
にきび跡で黒ずんでしまった肌や、デコボコしてクレーター状になってしまった肌がコンプレックスで人と話すときに顔をあげられなかったりする人もいるでしょう。また、いくら化粧をしてもデコボコが隠せないで悩んでいる人もいるでしょう。

 

にきび跡には大きく分けて2つあります。1つは色素沈着、そしてもう1つはデコボコしたクレーターです。にきび跡の治療にはフォトフェイシャル、ケミカルピーリング、レーザー治療などさまざまなものがあります。

 

・フォトフェイシャル治療
フォトフェイシャルとは肌にIPL(Intense Pulse Light)という光をあてて肌のトラブルをなくしたり、肌にツヤや透明感を与える治療法です。フォトフェイシャル治療とレーザー治療を同じものと思っている人もいますが、フォトフェイシャル治療とレーザー治療は違うものです。
・ケミカルピーリング治療
ケミカルピーリングとは皮膚にフルーツ酸や乳酸、サルチル酸などの弱酸性の液体を塗り、酸によって皮膚を傷つけることなく古くなった角質を薄く剥がしていき除去する治療法です。ケミカルピーリングはターンオーバーを促がし、たまってしまった古い角質を取り除くことで、肌のくすみをなくし、ツヤやハリを与えます。
・レーザー治療
角層にレーザーを当てて殺菌し、にきびの炎症を抑えたり、毛穴につまった皮脂やウミなどを除去したする治療法です。その他皮膚のターンオーバーを促進し、にきび肌を正常な肌に近づける効果があります。
・イオン導入治療
イオン導入治療は電気を使ってビタミンCを肌の奥まで浸透させることで、にきびの炎症を抑えたり、にきび跡のデコボコを改善したりする治療法です。

 

にきび跡治療にはその他にビタミン剤や抗生剤を飲んだり、抗生剤入りのローションを塗ったりといった外用薬や内服薬による薬物治療があります。

 

にきび跡の治療は1つではなくいくつかの治療法を合わせて治療する場合があります。

 

にきび治療をする際はカウンセリングをしっかり受け、あなたのにきび跡にあった治療をしましょう。

にきびと病院

 

にきびが出来て病院へ行く人というのはどれくらいいるのでしょうか。にきびが出来たら、放っておくという人が多く、または市販されている薬を購入してケアするという人も多いといわれています。にきびが出来てしまった場合には、病院へ行くという人は少ないかもしれませんね。にきびが出来てしまって病院へ行く場合には、皮膚科を受診するということになりますが、皮膚科へ行けばにきび治療をしてもらうことができます。にきびが出来た人の中には間違ったにきびの治療方法を自分で荒療治として行っている人もいるのですが、たとえばどんな方法かというと、荒療治として、自分でにきびを潰してそして中の膿を出してしまうという方法です。
潰して膿を出すことでにきびが早く治療できますが、それはやってはいけないことです。自分で潰すということは肌を傷つけることになりますから、肌が傷ついてその部分が跡になったり、悪化する可能性があります。
にきびが出来やすい体質の人というのは早めに病院へかかる習慣をつけておくと悪化するのを防ぐことができますからいいと思います。なかなか病院へ行くのがおっくうだという人もいるかもしれませんが、早めの受診がにきび悪化を防ぐのです。

 

にきびと洗顔

 

にきびである人は洗顔はほかの人よりもしっかりと行った方がいいでしょう。にきび洗顔と呼ばれる洗顔方法もありますから、にきびの人というのは、人一倍洗顔には気を使いましょう。たとえば皮脂の分泌が活発だったり、毛穴が詰まっていたりすると、にきびというのはできやすいと思いますから、洗顔で皮膚の状態を清潔に保つ必要があるのです。そのためにはにきびの原因をきちんと理解したうえで、自分のにきびと、肌の状態を考えて洗顔をしなければなりません。洗顔の回数をただ増やすだけがいいのではなく、洗顔の方法、洗顔料をどうするのかということまでしっかりと選ばなくてはいけません。
にきび肌の人が洗顔料を選ぶ場合には、スクラブや、肌にきついタイプのもの、皮脂を取り過ぎるタイプのものは避けた方がいいですね。洗顔剤を使った後に肌のバリアがとれてしまうとにきびになりやすいのです。にきび用の洗顔料も今はたくさん販売されていますから、肌に優しくて、肌を傷つけないような洗顔料を選ぶのがいいでしょう。一番の理想は洗いすぎず、それでいて清潔を保つということです。肌には常に適度に皮脂を残しながら清潔を保つことがにきびにとっては一番いい状態で正しい洗顔になります。